企業プロフィール

お客様との信頼関係を大切に創業以来126年間、繊維を中心とした素材を取り扱う商社として、国内・海外に向けて、ビジネスを展開しています。

 

社会の変化と共に、主力の「繊維事業」のみならず、包装材・緩衝材、食品資材や建築資材などの幅広い分野で求められる「化成品事業」、さらに社会を変えることが期待される、自動車・航空機の部材として注目が集まる炭素繊維を扱う「先端材料事業」を展開し、社会に貢献できる「もの創り」を行っています。

 

日本のみならず、世界のマーケットを常に意識し、急成長する東南アジア・中近東での市場拡大。欧米市場との関係を強化し、さらなるグローバル展開を推し進めていきます。


事業内容

1.繊維事業
長い歴史で築き上げた「技術力」と「グローバルな展開力」が、成長し続けるICHIMURAの「繊維事業」の特徴です。
カジュアル、ファッション、スポーツ・アウトドア、民族衣装・シャツ、ユニフォーム、インテリア・寝装・産業資材など多岐に渡る用途において、当社の傘下工場で生産・加工し、日本国内はじめ、北米・欧州・中近東・アジアなど世界各国のアパレルメーカーや商社などに販売しています。

 

2.化成品事業
お客様の要望・課題を解決する「提案力」と「スピード」が、業界シェアを年々伸ばし、市場拡大している「化成品事業」の特徴です。
ポリスチレンやABSなどの樹脂の優れた特性を活かし、緩衝材、断熱材、食品関連資材、建材資材など、衣食住に関する身近な商品を、当社の傘下工場で企画・生産し、家電メーカー、建材メーカー、ハウスメーカー、食品メーカーなど多岐に渡る各分野に向けて販売しています。

 

3.先端材料事業
世の中を革新的に変える最先端の複合材料の開発・生産できる「開発力」と東レグループ、大学、行政など産学官で取り組める「強いネットワーク」が、日本の未来を切り開く「先端材料事業」の特徴です。
航空機で使用される東レ(株)の炭素繊維を、当社の繊維の織物技術と、化成品のプレスなどの加工技術を組み合わせることで、今までにない最先端の複合材料を生産し、販売しています。


業績

売上高

181億円(2019年3月期)

営業利益

6.58億円(2019年3月期)


企業情報

本社所在地
〒530-6118 大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル18F


本社電話番号
06-7223-8300

 

創業
1894年

 

設立
1979年1月

 

資本金
10億円

 

従業員
133名(一村グループ合計485名)(2020年9月30日現在)

 

事業所
大阪本社:大阪市北区中之島3-3-23(中之島ダイビル18階)
金沢本店:石川県金沢市南町5-20(中屋三井ビル3階)
東京支店:東京都中央区日本橋小伝馬町14-4(岡谷ビル8階)

 

営業所・駐在員事務所
九州営業所:福岡県福岡市中央区荒戸1-1-3[東レ(株) 九州支店内]
名古屋営業所:愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-20[東レ(株)名古屋支店内]
東北営業所:宮城県仙台市青葉区本町1-1-1[東レ(株)東北支店内]

上海駐在員事務所:中国・上海市長寧区延安西路2201号(上海国際貿易中心27楼2707A)

 

株主構成
東レ 90%、北國銀行 5%、三井住友銀行・みずほ銀行 各2.5%

 

主な取引先
【仕入先】
 東レ、丸井織物、小松マテーレ、サカイオーベックス、蝶理、フジパック、積水化成品工業、

東レ・デュポン など
【販売先】
 東レ、帝人フロンティア、ニューワールド、カネヨウ、GSIクレオス、野村貿易、伊藤忠商事、蝶理、豊島、平岡織染、大東建託、SMB建材、パナソニック、積水化成品工業、伊藤忠建材、
YKKAP、LIXIL、双日建材、東レACE、石川県漁業協同組合 など

 

関連会社
丸一繊維
創和テキスタイル
優水化成工業
一村(上海)貿易有限公司

 

平均年齢
39歳(2020年7月実績)

 

平均勤続勤務年数
14年(2020年度実績)

 

月平均所定外労働時間(前年度実績)
 9.6時間(2019年度実績)

 

平均有給休暇取得日数(前年度実績)
12.3日(2019年度実績)

 

育児休業取得対象者数(前年度実績)

3名(うち女性1名、男性2名 2019年度実績)

 

育児休業取得者数(前年度実績)
 1名(うち女性1名、男性0名 2019年度実績)