あの時乗り越えた経験が、今、自分の自信に!

濱岡 裕紀
2015年入社

 

近畿大学 経営学部 キャリア・マネジメント学科 卒業
繊維第2部大阪ユニフォーム課


現在の仕事内容

 

企業ユニフォーム用途の生地販売の営業をしています。大阪と名古屋地区の約10社を担当しており、ルート営業でお客様から情報を頂き、商品を提案・販売しています。
飲食店、オフィス、病院白衣など様々な使用環境・条件に合った生地を選定し、機屋、染色工場と
納期スケジュールの確認を日々行いながらお客様のご希望に沿った商品を作り上げていきます。
企業で働く社員の方々全員が着用されたときに色がバラバラでは統一感が生まれない為、色管理には特に重点的に力を入れています。

 


 

今の仕事のやりがい

 

入社2年目の時、1年目から行っていたデリバリー業務(納期管理)+3社営業客先を持たせてもらえた矢先に主力工場にトラブルが発生してしまいました。納期がかなり遅れることになりお客様からお叱りの電話を受け謝罪に伺う毎日でしたが、周囲の人々の協力と根気強く工場・お客様と話し込みをすることによって何とか乗り越えることが出来て、お客様から「あなたが担当でよかった」と言われた時には本当に嬉しく思いました。
仕事をしていると辛いことも多いですが、自分が担当した商品を街中で見かけると気持ちが引き締まり、もっと頑張ろう!と仕事のやりがいを感じることが出来ます。

 


 

この会社に決めた理由

 

「モノを作り上げる過程に携わりたい!」という思いからB to Bの企業を中心に就職活動を行っていました。その中で当社はカジュアル、民族衣装、企業ユニフォーム分野等の様々な領域に携われる仕事だと思ったのがきっかけです。
また、採用面接の際に担当の方とのやり取りの中で一番素の自分を出せたというのも印象的でした。


 

当面の目標

 

目標は自分の開発したオリジナル商品を上市させることです。多くのPTと協力し、商社でありながらメーカー機能も併せ持つことによってお客様が一番必要とする商品を自ら開発・提案できることが当社の強みと感じます。
日々の営業活動の中でお客様より情報を頂き、今後の商流を牽引していけるようなモノづくりをしていけるよう努力していきます!

 


 

学生の皆さんへメッセージ

 

就職活動中は業種を絞らずに様々な企業を見ることが大切だと思います。実際に企業に出向き、話を聞き、雰囲気を感じることでイメージとのギャップは必ず起こります。その繰り返しによって机上の自己分析では分からないはっきりとした軸が持てるようになってくると思います。
繊維業界というとオシャレで華やかなイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、仕事内容は地道で泥臭いものが多く、そこにギャップを感じられるかもしれません。ですがその苦労があるからこそ一つのモノを作り上げた時の喜びは大きくなります。
一度しかない新卒での就職活動なので悔いの無い様に頑張ってください!