「面接に行くのが楽しみ」と思えた唯一の会社でした!

瀬川 舞
2018
年入社

 

関西大学 外国語学部 外国語学科 卒業
産業資材部 産業資材1


現在の仕事内容

 

産業資材部では、主に家電や部品の緩衝材、食品用途の発泡スチロール箱などを製造、販売しています。なかでも現在私が担当しているのは、部品輸送用の梱包材の製作や、食品用途の規格箱の販売。仕入先と連携しながらお客様の要望に添う規格や仕様の製品をつくり、納品まで進めていきます。当社は取り扱っている製品が多く、メーカー機能と商社機能を兼ね備えているため、ひとことで「営業」といっても、幅広い仕事に携わることができるんです。また、先輩が指導員としてマンツーマンで付き、お客様との商談や仕入先の加工場など、さまざまなところにフットワーク軽く連れていってくださるので、表面的な知識だけでなく、その背景まで学べるのがありがたいですね。

 


 

今の仕事のやりがい

 

産業資材部は扱う商品の幅が広く、加工方法もさまざま。そのため、入社1年目の私にはお客様の要望を引き出したり、仕入先に的確な質問をしたりすることがまだ上手にはできません。そんな中でも、前回答えられなかったことがすんなりと答えられたり、円滑に進めたりできた時には、成長の手応えややりがいを感じます。
また、出張で加工場に行った際、発泡の成型品をつくるための金型づくりを見た時は感動しました。真っ赤に燃える鉄を流し込み、火花が散る光景を見て、「先輩が言う“ものづくり”とはこのことか!」と。本当に人の手でつくられているものなんだと感じ、製品に対する愛情も増しました。同時に、「仕入先を大事にする」という先輩たちの姿勢も理解でき、また一つ成長できたと感じています。

 

  


 

この会社に決めた理由

 

会社概要や事業内容などは、自分でいろいろと調べることができますが、それだけではなかなかイメージしづらい部分もあります。入社すれば毎日通う場所になる会社。そこで私は「楽しい」「自分に合っている」と感じられるところがいいのではないかと考え、面接の場の雰囲気をいちばん重視することに。どこの企業の面接も緊張するものですが、唯一、一村産業だけは緊張感に加えて「楽しみ」と感じることができ、それが入社の決め手となりました。また、東レグループの企業ということもあり、営業活動を行う際にも後ろ盾が大きいことも魅力でした。

 


 

当面の目標・将来の夢

 

一通りの知識を身に付け、一人ですべてを任せてもらえる営業に成長することです。今はまだ慣れないこと、わからないことが多い私ですが、上司や先輩方に丁寧に教えていただき、都度対応しています。社内の先輩方を見ていると、個々のスタイルがあり、多種多様な方法を駆使して営業活動をされています。そんな先輩方の背中を見ながら、私も自分なりのスタイルを見つけていきたいですね。お客様に信頼される営業になることはもちろん、何か「これに関することなら瀬川さんに聞けば間違いない」と言われるようなスペシャリストを目指したいです!

 


 

学生の皆さんへメッセージ

 

まずは会社概要や事業内容などを調べて、イメージを膨らませていくと良いと思います。自分の将来を決めるといっても過言ではない大切な時期ですので、しっかりと事前準備をすることはもちろん大事です。ただ実際に働きはじめてみると、自分のイメージとは違うところや、イメージしきれていなかったところが必ず出てくるものです。逆に、仕事を通じて自分では想像していなかった興味・関心が湧いてくることもあります。あまり先入観にとらわれすぎず、気負いしすぎず、自分のペースや直感を大切にして、「自分に合う」と感じたところを選ぶとよいと思います。