一人一人の力に重きを置き、活躍に期待を寄せてくれる会社!

金涌 慎
2017年入社

 

愛媛大学 理学部 化学科 卒業
繊維第3部繊維マテリアル課


現在の仕事内容

 

被服の生地以外の生地を取扱う繊維第3部繊維マテリアル課では、プリンター業者や大手寝装具メーカー、カーテンメーカー、商社などを顧客とし、寝装具やカーテン、店舗などの旗幕などに使われる商材を取扱っています。現在は、旗幕についての出荷業務や納期管理を担当。旗幕用途の生地は出荷回数が多く、常に在庫が必要なため、在庫チェックを怠ることができません。こまめに仕入先に注文を入れて適切な在庫を確保しておくことと、出荷業務のモレがないように細心の注意をはらっています。また、いろいろな先輩の営業に同行して営業活動も勉強中。それぞれの先輩のやり方を参考にさせていただきながら、自分の営業スタイルを模索しています。

 


 

今の仕事のやりがい

 

今はまだまだ未熟で、完璧な対応ができずにお客様や仕入れ先に迷惑をかけてしまう時もあるのですが、日々業務をこなしていくことで、少しずつではありますが要領も得られるようになってきました。徐々に信頼関係も芽生え、私の仕事に満足をいただけたという手ごたえを感じることも増えてきました。そうした時に大きなやりがいを感じますね。仕事をするようになって、人と人の関係がすごく重要だと知ることができたのは、人間的に大きなプラスになりました。営業に出るようになっても、こうした人間関係を大切にしながら、努力していきたいと思っています。

 


 

この会社に決めた理由

 

漠然と、顧客ニーズに対してどうすればよいのかを考えて、満足していただけるような仕事に就きたいと考えていました。もともと洋服や生地に興味があって、糸選びやどの加工場にするかまでを選んで顧客に提案するという「ものづくり商社」という一村産業のスタイルに、やりがいがありそうだと惹かれました。東レの関係会社というのも魅力的だったし、昨今厳しい状況下にある繊維業界の中でも業績が安定的に伸びているという点も素晴らしいと感じて入社を決めました。入社してみて、この会社の活気あふれる雰囲気は、一人一人の社員が責任感を持って動き、大きなやりがいを感じているからこそなんだと感じました。

 


 

当面の目標・将来の夢

 

第一目標としては、自信を持って営業に出られるようになりたいと思っています。お客様から信頼されない営業はダメだと思うので、この一年間培ったものをしっかりと発揮しながら頑張っていきたいですね。商材の種類が多いので覚えるのに時間は要しますが、取扱い商材が多いことは、多種多様なお客様の要望に対して幅広く対応できることに繋がりますから、大きな強みになってくると思います。今後もこつこつと勉強して知識を増やし、自分自身の発想力を鍛えていって、いつかは繊維の可能性を広げられるような一人前の営業マンになりたいと思います。

 


 

学生へのメッセージ

 

就活は、まず自分が何をしたいかということが大切だと思います。会社の規模や条件だけで選ぶのではなく、まず自分のしたいことを柱にして、それに見合うのはどういう会社なのかを考えていった方が、自分に合った会社に出会えると思います。仕事は収入も大事ですが、やはり、働くからにはやりがいがとても重要だと考えます。やりたいことをするという意識を持って就活すると良いと思います。一村産業は、社員同士の仲が良く、新人でも仕事が任せてもらえますから、自分の可能性をどんどん伸ばしていくことができます。一緒に自分の可能性を伸ばしていきましょう。