責任を持って仕事が出来る喜び、周囲のサポートのおかげです!

高野 安歩
2018年入社

 

神田外語大学 外国語学部 英米語学科
住宅資材部 住宅資材1課


現在の仕事内容

 

現在は住宅資材を商材として主に扱う部署で、デリバリー業務を行っています。担当の得意先を持って受注から生産、出荷、入金の一連の事務処理を一通りこなさなくてはならないので、対お客様だけでなく、工場の生産者や、仕入れ先、運送会社など多くの人と関わりながら日々業務に励んでいます。注文には必ず納期があるため、正確性はもちろん、スピーディーな判断と対応が求められる業種だと感じています。同時に、1年目の私は新入社員として商品知識や事務処理の勉強会に定期的に参加し、実践的な業務と並行して必要な知識を習得しています。

 


 

今の仕事のやりがい

 

自部署は特に、若手社員が裁量権をもって主体的に仕事に取り組んでいる風土があると思います。何事も実践ベースで経験を積むことが出来るので、責任を持って仕事に取り組む楽しさを1年目ながらに感じることが出来ています。若手のうちに任される仕事が多い分、覚えることや苦労することも沢山ありますが、先輩社員や上司の方々がいつも気にかけてくれて、分からないことは都度優しく教えてくれます。業務上困ることがあれば課内でのミーティングで取り上げてもらったりと、風通し良い職場であることから自分も一村産業の一員として常に向上心をもって業務に取り組むことが出来ていると感じています。

 


 

この会社に決めた理由

 

私は就職活動をするうえで、自分の中で柱としていたことが3つあります。1つ目は、社内外問わず多くの人と関わりながら仕事ができること。2つ目は、新しいことにチャレンジすることが出来ること。3つ目は、誠実で社員を大切にしていることが伝わるような会社であることです。説明会に参加したり、選考を受ける中で一村産業はその3つの軸を満たしていると強く感じたことが入社を決めた理由になりました。社内行事や研修の内容を聞いても会社として社員一人一人としっかり向き合っていることがよく伝わり、とても良い印象を受けました。

 


 

当面の目標・将来の夢

 

憧れの先輩社員のように、社内外問わず信頼され、好かれる社員になりたいです。
今はまだ目の前のことに精一杯ですが、一日も早くプロとしてだれからも頼られるよう、日々業務に励みたいと感じています。

 


 

学生の皆さんへ

 

今改めて自分の就活を振り返ると、自分自身と向き合って将来について考えるとても良い機会だったと感じます。目の前の結果に一喜一憂せず、何事も前向きに取り組んでみてください。